いぼを放置するのは危険!病院で早めに治療を受けよう

薬でいぼを治療

女性

ウイルス性のいぼであれば手術をしなくても、内服薬で治療する事は可能です。内服薬のデメリットは完治するまでに時間がかかるところです。しかし、治療方法は簡単で痛みは伴わないので、体への負担は少ないですよ。

詳しく見る

ウイルスの進行を抑える

看護師

薬を飲まずに痛みが少ない方法でいぼを除去するなら、注射で治療するのが良いですよ。ウイルスの働きを弱めてくれるので、いぼの悪化を防いでくれます。傷跡が残らず施術後にガーゼなどで保護をする必要はありません。

詳しく見る

いぼ部分の細胞を壊死

医者と看護師

液体窒素は、冷却された液体をいぼ部分に当てる事でいぼを取り除いてくれます。低温やけど状態にしておくことで、細胞が壊死するので、ウイルスも撃退してくれます。保険を利用したら、お得な価格で治療を受ける事ができますよ。

詳しく見る

いぼ部分を丸ごと切りとる

看護師

今すぐにいぼをとってくれるのが切除手術です。メスを使用するので、傷跡が残る事はありますが、いぼ部分を丸ごととってくれるので、すぐにいぼを治療する事ができます。信頼できる医師に手術をお願いしたら、再発のリスクも抑えられます。

詳しく見る

人気があるレーザー治療

女性

レーザー治療であれば痛みや出血が少ないので、安心して手術を受ける事ができます。老人性やウイルス性のいぼどちらにも効果があります。ただし、保険は適用外なので、治療にかかる費用を確認してから治療を受けるようにしましょう。

詳しく見る

老人性とウイルス性いぼ

医者と看護師

いぼができたら早めに病院で治療

切除する以外にもいぼの治療方法は増えてきています。確実にいぼが取れる治療方法もあれば、時間はかかるけど痛みが伴わない治療方法もあります。レーザー治療や液体窒素、内服薬や注射でいぼを除去する事ができます。たくさん治療方法があるのは良いのですが、どの治療法が良いか、迷う方も多いでしょう。しかし、いぼの種類は一つではないので、いぼの状態やできた部位によってそれぞれに適した治療方法があります。いぼができたら、自分のいぼがどのタイプなのか知っておくと良いでしょう。いぼを潰すなど自己判断でいぼを除去しようとすると悪化する恐れがありますので、気をつけましょう。若い頃はいぼがなかったのに年をとってから、いぼが現れやすくなった事はありませんか?それは老人性いぼかもしれません。老人性いぼとは、加齢と共にできるいぼです。このいぼは、洋服などの摩擦や紫外線が原因でできる事が多いです。老人性とついていますが、紫外線対策を全くしていなかったら、年齢関係なく若い方でもできる事はあります。老人性いぼは、毎日紫外線対策やスキンケアをして、不規則な生活を改善していけば予防することができます。いぼができたとしても悪性ではないので、放置して問題ありません。しかし、肌のケアを怠ってしまうといぼの状態がひどくなる事がありますので、除去をするなら悪化する前に早めに対処をした方が良いでしょう。老人性いぼはメスなどを使用した切除手術やレーザー治療、液体窒素で治療する事が多いです。老人性いぼと違い、厄介なのがウイルス性いぼです。ウイルス性いぼは名前の通り、ウイルスの付着が原因でできます。皮膚が薄い顔にできやすいので、ウイルスが侵入しないように顔を傷つけないようにしないといけません。また、傷はなくても肌の免疫力が弱っている時にもウイルスは付着してきます。ウイルス性いぼを持っている方が使用していたタオルなどを触っただけで、感染する事もありますので、ウイルス性いぼを放置するのは危険です。ウイルス性のいぼは、放置しておくとどんどん悪化していくので、自己判断で治療しようと考えずに病院へ行って、除去して貰った方が良いでしょう。自分のいぼがどのタイプに当てはまるのか、わからない場合は医師に診てもらうと患者に合った治療法を教えてくれますよ。

Copyright© 2019 いぼを放置するのは危険!病院で早めに治療を受けよう All Rights Reserved.