いぼを放置するのは危険!病院で早めに治療を受けよう

いぼ部分の細胞を壊死

医者と看護師

マイナス196度の冷却した窒素でいぼを除去

液体窒素とは、マイナス196度に冷却した窒素をいぼ部分に当てる事で、いぼを治療する方法です。液体窒素を当てる事で、皮膚が低温やけどを起こします。いぼ部分が低温やけど状態になるといぼの細胞が壊死していきます。液体窒素でいぼを除去する手順ですが、まずは液体窒素を染み込ませている綿棒などでいぼができている部位に当てます。液体窒素をいぼ部分に当てて、いぼ細胞を壊死させます。この手順を何度か繰り返し、いぼの根っこ部分が表皮に向けて盛り上がってきたら、いぼを除去します。液体窒素で治療をする事で、ウイルスも撃退できるので、ウイルス性のいぼも簡単に取り除く事ができますよ。ただし、低温やけどを起こすので、治療中に多少の痛みを伴う覚悟をした方が良いでしょう。液体窒素は何度もいぼに当てる事で、いぼを治療していくので、継続的に病院へ通う必要があります。何度も治療をすると料金が心配な方もいるでしょう。でも、安心して下さい。一見治療費が高そうな液体窒素ですが、保険が適用されるので、実はお手頃な価格で治療する事ができるのです。病院によっては複数のいぼを除去しても、値段が変わらない事もあります。いぼが悪化していなければ治療時間は5分程度完了します。液体窒素はウイルス性のいぼに効果がありますが、小さいいぼを除去するには向いていません。いぼが小さすぎるとなかなか血管まで凍結する事ができず、肌へのダメージが大きくなってしまう恐れがあります。いぼの大きさによって、液体窒素で治療できない事もありますので、治療前に医師に診てもらって、自分に合った治療法を提案して貰った方が良いでしょう。液体窒素で治療をした後は、いぼ部分にかさぶたが出てきますが、痒くなっても触らないようにして下さい。かさぶたを傷つけてしまうと、傷口からウイルスがまた侵入し、再発をする可能性が高くなります。紫外線を長時間浴びると色素沈着が起こる事もありますので、治療後は紫外線対策をしっかり行いましょう。液体窒素で治療する際は多少の痛みは伴いますし、何度か通院する必要がありますが、確実にウイルス性いぼを除去してくれます。保険がきくので、リーズナブルな価格でいぼを除去したい方は液体窒素での治療を受けてみるのもいいでしょう。

Copyright© 2019 いぼを放置するのは危険!病院で早めに治療を受けよう All Rights Reserved.